スタッフblog

2013年10月 2日 水曜日

冷えとダイエットの関係

秋が深まってきました。
秋は夏にエネルギーを蓄えた美味しい食べ物がたくさん出てきます。
でも、そこで食べ過ぎてしまうと、とても恐ろしい事になってしまいますね。
そこで、この季節にダイエットを始めよう!と決心してクリニックにこられる方がたくさん折られます。
ダイエットってどうすれば良いのでしょうか。

シンプルに言えば、食べた以上のカロリーを消費すれば良いのです。それが、人間には"食欲"という欲があるので、現代においてはそう簡単にはいかないのですよね。摂取カロリーを制限しても、代謝が落ちていては、体重は減りません。

寒い季節に手足や腰が冷たい人は多いですよね。冷たい状態が続くと血行が悪くなって体がむくみやすくなったり、ダイエットをしてもサイズダウンが難しくセルライトができやすくなったりします。しかし、冷たいという自覚がなくても、冷えは潜んでいる事があるのです。

それは内臓温度の低下。内臓温度とは深部体温ともいわれますが、腋の下で計る体表面温度とは異なり、耳や直腸に体温計を入れることで正確な体温を計ることができます。

内臓温度が低くなると、基礎代謝も落ちてきます。だから冷えている人はやせにくい体質になってしまうのです。ちなみに内臓温度が1度下がると、基礎代謝は約12%も下がってしまいます。女性の1日の平均基礎代謝量1200kcalの場合、内臓温度が1度低くなると1日で約144kcalのエネルギーを消費できていないことになります。これが過去にダイエットが上手くいかなかった原因かもしれません。

また「冷え」は太りやすい体をつくるだけでなく、あらゆる体の不調を引き起こし、これらの症状が老化の原因にもなります。
まず、冷えをとる簡単な方法は,というと、"足首を暖める"のが一番手軽にできる方法です。レッグウオーマーなどで足首を保護して熱の放出を防いでください。寒い中の"生足"ファッションは御法度です。
ダイエット対策は、
1. 冷たい者ではなく、暖かいものを食べる。
2. 水分を取りすぎない
3. 高周波治療(インディバ療法)
4. 漢方療法
5.ダイエットサプリ(カルニチン αリポ酸)
6.ダイエットピル(ゼニカル サノレックス)
7.栄養指導

当院ダイエット外来ではこれらのことをすべてできます。
などがあります。みなさん、ご自分にあった方法をお試しください。ご連絡お待ちしております。
ドクターが丁寧にあなたにあった方法をお教えします。

アクセス

■くみこクリニック
住所
京都市左京区下鴨南野々神町2-9
診療時間
《月~水》
9:00~12:30
16:00~18:30
《火・土》
9:00~12:30(第2・4のみ)
《金》9:00~12:30
休診日
木曜日・日祝・火 午後
最寄駅
地下鉄「北山駅」

→アクセスはこちら



■くみこクリニック
四条烏丸医療レーザー脱毛専門院

住所
京都府京都市下京区四条通東洞院東入立売西町66番地 京都証券ビル 4F
診療時間
《日、火、水、木、金、土》
11:00~20:00(最終受付~19:30)
休診日
月曜日(不定休あり)

→アクセスはこちら


お問い合わせ 詳しくはこちら